TOP > コラム > 名古屋にも多いフィットネスクラブ入会までの流れや持ち物

名古屋にも多いフィットネスクラブ入会までの流れや持ち物

フィットネスクラブの体験や入会方法


名古屋にも多くあるフィットネスクラブですが、どんな所なのか、どのようなサービスが受けられるのかを解説します。手続きの内容や持ち物などもまとめて紹介します。
まず、体験は予約をしてから受けることができますが、施設やコースによって予約不要の場合もあります。予約をした時は開始15分前までに来館します。受付で手続きを済ませロッカーで、スポーツウェアに着替えます。そしていよいよ体験スタートです。始めにカウンセリングを行います。どのような運動をしたいか、目標にする体型などを相談します。施設内で気になることもその時に聞いておくと良いでしょう。そして体組成測定もします。体重や身長、体脂肪率などを確認できます。自分の体のことを数字で知ることで、引き締めたい場所などが具体的にわかりやすくなります。また体組成を元に適した運動法をスタッフの人に聞くのもためになります。こういった流れで体験プログラムが始まります。
ホットスタジオや、筋トレができるマシンなどを利用できる所もあります。その他にもスタジオプログラムも楽しめる場合もあり、ヨガやピラティス、エアロビクスなども堪能できます。気になるトレーニングやプログラムを積極的に受けると、入会してから楽しく通えるイメージも湧きやすくなります。気持ちよく運動するきっかけになることでしょう。
お風呂やサウナが備え付けのジムでは、運動後にリフレッシュすることができます。使った筋肉などを癒やし、疲れを軽減する効果が望めます。お風呂やサウナで汗を流すことで気分もすっきりします。名古屋でフィットネスクラブを探す時、お風呂やサウナの充実具合も選び方のポイントに入ります。

プロに相談してフィットネスで理想の体型を目指す


名古屋でフィットネスクラブに通いたいと思う時は、健康のため、美容のため、人それぞれ目標があるでしょう。体を動かすことは一人で行うと挫折してしまいがちですが、フィットネスクラブなら専門知識のあるスタッフが親身にサポートしてくれます。
一人ひとりの目標や目的に合わせて、体の状態を見てくれます。運動目的や健康に関する悩みを相談し、体組成を測ってもらうことで体重や体脂肪量、筋肉量など、具体的な数値を割り出し、適切な運動アドバイスをしてもらえます。マシンの使用法などの指導もあります。
マシンでは筋トレ系の無酸素運動や、ランニングやバイクなどの有酸素運動が行えます。インストラクターの人が一緒になって教えてくれるので、始めてフィットネスクラブに通う人でも安心です。各マシンのフォームチェックから、適したウェイトの重さを教えてもらえます。特に正しいフォームでマシンを使うことは、トレーニング効果を十分に得るために欠かせません。
プロの人に見てもらうことで、無理なく効率的なエクササイズが望めます。自己流でマシンを使うより理想の体型にも近づきやすくなることが多いです。
インストラクターの人と一緒にマシンを使ったら、ヒアリングが行われます。そしてあなたに合ったトレーニングプランを立ててもらいます。ここでもわからないことは確認しておきましょう。楽しく続けられるようサポート体制も整っているところが多いので安心です。

フィットネスクラブの体験や入会で必要な持ち物


名古屋にあるフィットネスクラブに限らず、どこの施設においてもスムーズに体験や入会をするために大切なのが持ち物です。事前に必要な物を確認しておけば、当日時間を有効的に使えます。体験時、入会時に必要な持ち物をそれぞれ紹介します。
まず体験時は身分証明書が必要になります。免許証や保険証、パスポートなどがあると良いでしょう。学生の人は学生証でも大丈夫です。そして運動するためのウェアやシューズも用意しましょう。スポーツウェアが無い場合は、動きやすい服装でかまいません。シューズは室内で使うものが要ります。お手持ちに室内用のシューズが無い場合は、屋外用の運動靴の靴底を洗って綺麗にしておきます。そうすれば汚れを室内に持ち込まずに済みます。プールを利用する人は水着とスイミングキャップも必要です。そしてフェイスタオルとバスタオルも忘れずにカバンに入れましょう。運動すると汗が出るのでフェイスタオルは必須です。エチケットやマナーでもありますが、汗をかいたままでいると体が冷えてしまうので、汗をふくことは大切です。バスタオルはお風呂やサウナの後、体を拭く時に使います。公共施設なので水気をしっかり拭くこともマナーの1つです。
次に入会時の持ち物ですが、入会金や会費を準備しておきます。通うフィットネスクラブにより値段や支払方法が異なるので、事前に確認しておくと安心です。その他にもキャッシュカードや金融口座番号、金融機関お届け印、認め印が必要な場合があります。体験時と同様、身分証明書も持っていきます。
このように持ち物を前もって知っておけば、スムーズに体験や入会の手続きを済ませられます。早めに準備しておけば焦らず気持ちよく運動できるでしょう。

次の記事へ

∧PageTop

Copyrights (c) ASTY SPORTS CLUB All rights reserved.